こんな毎日を過ごしています。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

将棋大会
子どもたちが市民将棋大会の小学生の部に出ました。
朝8時45分の受付から、お昼をはさんで4時過ぎまでです。
途中見に行ったのですが、「いなくてもいい」と言われて帰ってきました。
そういうところにお母さんが顔を出すのって恥ずかしい年頃になってしまったようです。
成長したなぁと思う反面、ちょっとさみしかったです。

息子は上手くいけば・・と、思ったのですが、
4勝1敗で、入賞はならずでした。
勝ち点で負けてしまったそうです。残念!

娘は級もまだ進んでないんで、
1回も勝てなかったらどうしよう・・って
昨日から心配してました。
でも、ふたをあけてみたら3勝2敗!
組み合わせもラッキーだったようですが、
それでもがんばったなぁと思います。
二人とも、それなりに満足したようで
元気に帰ってきました。

普段はふらふらごろごろしてる子供たちですが、
将棋をしてる時の顔って、ちょっと違います。
集中している時の顔っていいなと思います。
星に願いを☆
以前商店街の七夕の短冊の中に
娘と息子の書いたものを見つけました。
学校で書いたものらしいです。

他の子は「中学受験に合格しますように」とか
「パイロットになれますように」とか、
「ダンスが上手になりますように」とか書いてるのに
息子は「JT将棋杯でベスト16になれますように」と
書いてました。
え、それがかなえばいいの??って思うくらい
現実的だし、微妙なところです。
でも実力がわかってるだけに優勝を狙うなんて書けなかったんだろうなぁ・・。

そしてこの間JT将棋杯がありました。
短冊を見ていたので、願いがかなうといいな・・
と思いつつ見てました。

結果は、リーグ戦は全勝してトーナメントに進むことができたんですが、
ベスト16の一歩手前で負けてしまいました。
残念・・。
でも、彼の実力からいえば、ここまで行っただけでも
大したものです。
これも願いの力かも。


娘の短冊には、
「世界のどこかに住みたい」
と書いてありました。
ここも世界のどこかなんで、すでに願いはかなってるように
思うんですが・・。
外国って書きたかったのを、間違えちゃったようです。

なまずのたたり
GWですが、今年はどこにも出かけられそうにありません。
いえ、旅行の予定は特になかったんですけど、
近場の海か山で遊ぼうって思ってたんです。
それが、息子が喉が痛いというので家でくすぶっているのです。

ことの発端は、息子のなまず捕りです。
お友達4人で、近くの池になまずを捕りにいったところ、
そのメンバーが、翌日から全員のどの痛みや目の痛みを訴えて
体調不良になったんだそうです。
息子は「なまずのたたりだ」と言ってますが、
たぶん全員池に落ちたせいです。
帰ってきた息子はずぶ濡れで、その上臭かったのです。
きっと変なところに落ちたのでしょう。
泥だらけのわんぱく坊主を、「しょうのない子ね!」と
玄関で迎える母親に憧れてましたが、
実際なってみると辛いものです。
あまりの汚さにひきました。
おまけに連休はこんなことになってしまったし・・・。

体長20〜60センチほどのなまずを
10匹近く捕ったと喜んでたんですが、
池の主でも捕まえてしまったのかも。
やっぱりなまずのたたりかもしれません。


参観日
今日は参観日だったので、仕事は午前中で切り上げる予定でした。
なのに朝、机の上を見たら書類の山がっ!
見たら合計33ページにわたる書類のチェックで、
しかもチェックにえらく骨の折れる医療過誤の書類だったのです(涙)。
専門用語がバンバンでてきて難しいから時間がかかるんです。
お昼を食べずにがんばりました。
やっと終わったのが1時過ぎ。
家に帰ってお昼を食べる時間はなかったので、
途中でパンとお茶を買って、バスの中で食べてしまいました^^;
目立たないように一番後ろに座ったのですが、
カレーパンの匂いが充満して困りました・・。
こんなことができるって、おばさん??とも思いましたが、
お昼を抜くなんて考えられなくて・・。

ぎりせー(※「砂漠」伊坂幸太郎さん著より)で学校に着いて、
教室に顔を出したら、娘はにっこりしてくれました。
息子は、来なくていいなんていってましたが、
明らかに教室の後ろを意識していて、顔を見せたら、
あわてて不機嫌な顔をつくってみせたりしてました(カワイイ)
まだまだ、お母さんが来てくれるのがうれしい年齢のようで、
ちょっとほっとしました。
懇談会は夏休みのお話でした。もうすぐ夏休みなんですよねぇ。
参観日
今日は小学校の参観日でした。
子どもたちが1年生の時に、最初に娘、次に息子のクラスを回ると宣言して、不意打ちで息子のクラスから行ってみたら、息子がぼーっとして鼻をほってたことがあったのです。
ショックでした。殴りたくなる衝動も覚えましたが、これが私の息子なんですよね・・・。それからはどちらからまわるとは言わず、不意打ちをするようにしているのですが、私が見てない普段の授業はあいかわらずなんだろうな(涙)。

今日は息子のクラスが体育、娘のクラスは社会でした。
体育はリレーの授業でしたが、全然盛り上がってないのです。
体育の授業ってもっと楽しそうだと思ってたのになぁ。
それにしても、そもそもなんで授業参観に体育?
国語とか算数とか見たかったのに。
娘のクラスは社会の授業でゴミの分別をしていました。
先生の拾ってきたゴミを分別するというのが授業というのが何だか不思議。廊下にいたので気がつかなかったのですが、娘が言うには結構臭かったらしいです。
今の学校っておもしろい授業をするんですね。
休み
souが学校をお休みしました。念のため連れて行った小児科で、あれほど聞くなと言ったのにsouが「学校へ行っていいですか?」と聞いてしまったのです。聞くとだいたいダメっていわれるんですよね。せっかく車にランドセルも積んでおいたのに・・。
でも今日はちょうど仕事も休みだし、せっかくだから、のんびり休むのもいいかもしれません
でもsouは寂しがりやだからお留守番もできないんですよね。昨日のうちに今日の分の買い物をしておいてよかったです。
パワフルfuu
fuuですが、昨日の昼間は幼稚園が一緒で、小学校で別々の学校に離れてしまったお友達の家に、遊びに行きました。学区が違ってかなり遠いお家なので、お友達のお母さんの送迎付です。お邪魔して、お昼をご馳走になって、その子のお姉さんにも遊んでもらって、「ものすごく楽しかった!」そうです。大満足の顔で帰ってきました。そして夕方帰ってきたと思ったら、1時間も家にいないで、近所のお友達のお家にお泊りに行きました。そのお友達とはオムツの頃からのお友達で何度もお泊りしているので慣れたものです。自分でさっさと支度をして出かけました。そして夕食、朝食とお世話になって・・・。気づいたら家のご飯を丸一日食べていないfuuでした。女の子ってパワフルです。
いよいよ春休み
いよいよ春休みです。4月からは4年生!早いものです。
3年生は二人とも充実した1年だったようです。souは念願の応援団に入って運動会でがんばったし、fuuは代表委員になってfuuなりに一生懸命クラスのためにがんばったようです。今年は特に二人にとって目覚しい成長の1年だったような気がします。

さて、春休み。私は仕事があるし、父と母に預けているのですが、二人ともどんなふうに過ごすんだろう。fuuは、たぶんお友達と遊びまくって、souは将棋教室に入り浸りなんだろうな。通知表を見て、春休みは算数をがんばる!とか漢字をがんばる!とか、今は前向きなことを言っているけれど、たぶんそれは1日で忘れると思われ(苦笑)。毎日好きなことをして過ごすんだろうな。いいなぁー。

今日はfuuの春用のパーカーを見に行きました。このところfuuとは洋服の趣味が合わなくてよくもめるのですが、今日もやはりバトルになりました。私はお嬢さん風のものとか、どこかかわいらしさがあるものが好きなのですが、fuuはギャル風なものにひかれるようなのです。今日は私の方がより譲歩しましたが、この戦いいつまで続くのか?
ホワイトデーのお返し
ホワイトデーのお返しに、ココアクッキーを焼きました。レシピはしつこくたかこさんのものです。これがフードプロセッサーを使って作るもので、ものすごく簡単なのです!私は材料を出して、フードプロセッサーの安全な使い方を指導して、オーブンの支度をするだけで、あとはsouとfuuが全部二人で作りました。fuuはもらう方なのに、どうしても作りたい!と聞かなくて・・。でもsouと二人だと大変そうなので、正直言って助かりました。fuuが材料を量って、souがバターを切ったり卵を用意して。こねるのは全部フードプロセッサーだし、丸めて形を作ってというのは全部souとfuuが二人でやったので(粘土遊びのノリです 笑)、私は一度もタネにさわらず・・。なんて楽なんでしょう。もちろん美味しくできました。

20060315_81449.jpg

souは、放課後チョコレートをもらった女の子のお家に届けに行ったようです。「喜んでくれた?」と聞いてみたのですが、恥ずかしくて顔を見ることができなかったようです。うふふ、かわいいなぁ。

今日はfuuのピアノのレッスンがありました。今日で「ピアノのABC」という教則本が終わり、次からいよいよ「ツェルニー30番」です。バリバリと練習をこなす子ならばともかく、fuuがよくここまでがんばったなぁ・・と、なんだか感慨深いものがありました。先生も同じだったようで「fuuちゃんがんばりましたねぇ」と言ってくださりました。何事も続けることが大事なのだと実感。
souも、もうすぐ30番に入りそうです。今までは同じ本を使いたくないということで、バーナムを除く、教則本も曲集も別のものを使っていたのですが、30番は避けては通れない道ということで、同じものを使うことになりました。二人ともいやそうです・・。souはfuuの方が先にそちらに進んだのが悔しいようです。でも、fuuより10ヶ月遅れてピアノをはじめて、バーナムはすでにfuuを追い抜いてしまっているのです。いやなのはsouよりもfuuだと思うのだけれど・・。この競争心が変なほうじゃなくて、いい方に向かうといいなと思います。
なわとび
この季節、子供たちは学校でなわとびをします。今年は二重跳びのテストがあるとかで、2人とも練習していました。2人とも二重跳びが苦手なのです。souはできても1〜2回、fuuは全く跳べる気配もなかったのです。なので今日はがんばってみるかーということで、満を持して私が乗り出しました(笑)。
まずお手本をと、私が跳んでみたのですが、ガーン!1回もできませんでした。子供たちの目が冷たかったです・・。こんなはずじゃなかったのにと、子供そっちのけで練習してしまいました。途中でコツを思い出してどうにか11回まで出来たのですが、足はカクカクするし、肩で息をするような状態になってしまいました。ほんと体力落ちました。
でも今日でsouは11回跳べるようになって、fuuも惜しい!というところまで来ました。体を張ったかいがあったかな?って、自分が跳ぶことに必死で子供は見ちゃいませんでした^^;せめて母親の必死の姿が励ましになったと思いたいです。