こんな毎日を過ごしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

鹿男あをによし
今日は待ちに待った「鹿男あおによし」の第一回です。
小説はすごくおもしろかったです。
でも小説のドラマ化は、その小説が好きであればあるほど
楽しみよりも、心配になってしまいます。
イメージ崩れたら辛いですから。

でも、これは大好きな奈良でロケをしてるし、
玉木宏さん、好きだし、どんなふうになってるのか
心配なのだけれどやっぱり楽しみなのです。
今日は10時の「鹿男あおによし」に備えて、
ちゃっちゃと用をすませてしまわなくちゃ!
「新選組!!土方歳三 最期の一日」
いやもう、このために年末から再び「新選組!」のDVDを見てテンションをあげていたわけですが、よかったですー。涙涙でした・・。やっぱりあの戦いは局長の死だけでは終わらないのです!

まず三谷さんの解釈がよかった。私も土方さんが死に場所を見つけて戦い続けるなんてことは考えたくなかったので、生きるために戦わせてくれたのがうれしかったのです。そして片岡さんの榎本も、吹越さんの大鳥も想像以上によくて、満足です。

そして、なんと言っても試衛館の人たちも出てきてうしかったー!あのメンバーは以前の「組!」のシーンを回想シーンに使うだけだと思っていたのに、ちゃんと撮ってるじゃないですか!しかも会津ではオダギリ斎藤とミッチー容保まで出てるし(感涙)。島田さんと尾関だけでも我慢しようと思っていたのにうれしすぎます。特に天寧寺のシーンはよかった。局長のお墓は「ここじゃない!もっと上だ」とか、土方さんが無理を言ってるシーンなんて、私の妄想どおりでうれしくて、悲しくて涙が出ました。
でも局長の回想シーンがあそこだったというのは、ショックだったような、そうつながるか・・と納得できるような・・。悲しかったです。
そしてラスト、鉄之助がかけて行くシーン・・。何だかこういうものを下敷きにして、新しい時代がやってきたんだと、じーんとしてしまいました。
それにしてもコルクもちゃんとおみつさんに届けたんだね(うぅぅ・・涙)。
大奥 華の乱
大奥華の乱が終わってしまいました。すごくはまっていたのです。最初から最後までずっと濃かったし、突っ走ってましたねぇ。スペシャルもあるようです。楽しみ〜♪